雪道への必携品について

ひまわり雪道は初めての人には怖さを覚えます。慣れたり走るコツをわかると思っている難しくありません。しかしある程度慣れてきた時は注意しないと事故や危ない場面につながります。都会の人がスキーなどで行く時や夜間を走るのはより注意深く神経を使うことです。

 

 

冬の雪に走る必携品の一つ目はタイヤをスタッドレス・タイヤにすることです。スタッドレス・タイヤの性能は値段に比例するといわれています。当然雪に対する走りを考えて、メーカーは作っています。路面は積雪・圧雪・凍結があります。一番スタッドレス・タイヤの苦手のものは凍結(ミラーバーン)値段の高いものは凍結にも強いといわれています。参照URL

 

 

ただし、絶対に安心というわけではありませんので運転には充分に気をつけることです。以前の自動車は後輪駆動が多かったのでより滑りやすかったです。今は前輪駆動がほとんどなので、4輪駆動車が一番いいのですが、前輪駆動(2輪駆動)でも、走り方を気をつければ充分です。雪の高速道路でもチェーン規制が出ていても、スタッドレス・タイヤでも通行が可能の場合が多いです。必携品の二つ目はタイヤ・チェーンです。タイヤ・チェーンは金属系とゴム系があります。

 

それぞれ特徴があります。金属系は取り付けやすいものがありますが、高速道では乗り心地は悪くなります。ゴム系は取り付けるのにコツがいりますが、高速道の乗り心地は金属系に比べるとよいです。2輪駆動、4輪駆動を問わずタイヤ・チェーンは積んで置きます。