Archive for the ‘未分類’ Category

チェーンのお手入れと点検も忘れずに!

タイヤチェーンは危険を回避するためのものですから、必ず安全に使える状態にしておかないといけません。この点検やメンテナンスを怠ってしまうと、運転中に大変危険な状態になってしまう可能性もあります。まず確認するポイントは磨耗していないかということです。雪道での制動力やグリップ力を高めることが目的ですので、すり減って止まらない可能性があるものは使用を中止することが大事です。もしすり減っている場合は、補修用のパーツでしっかり補修しておくことが大事です。

使用したあとのお手入れはそんなに難しいものではありません。金属部品ですので、錆が一番の大敵になりますから錆止めを使用することが一番のメンテナンスになります。一般的に入手しやすい錆止めスプレーなどを使ってお手入れをしておけばサビなどで劣化することはあまりありません。

シーズン中であれば水洗いと乾燥だけで十分です。シーズン終了後にきちんと保管をしておくために、錆止めスプレーなどをきちんと吹きかけておけば基本的に問題ありません。大事なのは雪がふりはじめる前までにきちんと点検をしておくことが一番大事になってきます。いざというときに安全なものを使用できないのでは意味がないからです。

タイヤチェーンをかけるタイヤにも要注意!

車の運転はいろいろな状況でも安全に行わなければなりません。
それは天候が悪いときはなおさら気をつけなければならなくなります。
夏場などは突然の大雨などもあり、冬場は大雪が降るようなコンディションの日もあります。
特に冬場の雪道はスリップするために注意しなければなりません。
基本的に夏用のタイヤでは雪道を走行することはできません。
冬場はスタッドレスに交換するなどして対応する必要があります。しかし大雪の場合や圧雪されているようなコンディションではスタッドレスでもお走行することはできなくなります。

このようなときに威力を発揮するのがタイヤチェーンです。まずチェーンには大きさがあります。タイヤのサイズにあったものを準備しておく必要があります。
取り付けるタイミングは少し難しいですが、雪がない状態でチェーンをつけてもスピードを出すことができず渋滞してしまうことにもなります。

しかし雪が積もってしまってからではスリップしてしまうことがあります。道路情報などで判断するのも方法です。
チェーンは駆動輪に取り付けます。FF車なら前輪です。
チェーンは取り付けたら一度少し走行してから停車し緩みを再確認して、きっちりと取り付けて走行する必要があります。

ホイールキャップは雪道に不要!

宇宙02自動車で雪道を運転する場合、スタッドレスタイヤの装着は当然です。念のためにタイヤチェーンも常備することが望ましいです。しかし、スタッドレスタイヤを履かせたホイールに、ホイールキャップを装着してはいけません。

なぜなら、雪が深くなってきたときに、チェーンを装着しようとした時には、ホイールキャップを外さなければチェーンの装着は不可能です。

さらに、氷点下での走行が続き、キャップが凍りついてしまい、いざ外そうと思った時にはなかなか外せないことがあります。さらに、最近の自動車のキャップは、取付がしっかりとしているので、専用の工具を用いないと、破損させてしまう可能性があります。実際に外す場合も、破損に注意しながら、少しずつ持ち上げるように作業をするので、外気温の低い車外での作業は大変です。また、キャップを外してチェーンを装着後に、再びキャップは装着できません。そうなると、トランクやラゲッジルームに置かなくてはならないので、汚れや、解けてくる雪による水分の対策も考えなければなりません。ですから、スタッドレスタイヤでは不安になるような積雪地帯を走る場合には、キャップは外した状態にしておくことが最適です。

タイヤチェーン装着時はスピード厳禁!

宇宙01道路の状況は季節や天候によって大きく変わります。
夏場はそれほど気にならない天候であっても冬場になると車の運転が困難になる状況があります。
それは雪です。車の夏用タイヤは雪道を走るためのものではなく、とても危険なのです。
雪道になるとタイヤが滑り出しそのままで走行してはいけません。いわゆるスタッドレスタイヤは一定の効果はあります。

しかしやはり大雪になると滑ってしまいとても危険です。
また圧雪された路面や、凍結路面では通常のタイヤと同じように滑ってしまいます。
このような状況になるともうタイヤチェーンをつける方法しかありません。
これはタイヤのサイズのあったチェーンを用意しておく必要があります。

そして駆動輪であるタイヤに取り付けますので、FF車なら前輪にチェーンを巻く必要があります。
チェーンを巻いたら少し走行してがか車を停めてチェーンのたるみなどをチェックする必要があります。
そしてきっちりと巻いてから走行します。
やはりチェーンを巻くとスピードを上げて走行することはできません。やはり滑る危険があるためです。
また下り坂なども要注意です。チェーンを巻いて走行する場合はゆっくりと安全に走行をする必要があります。

タイヤチェーンのワンポイントアドバイス

宇宙01タイヤチェーンはタイヤに装着するクルマの滑り止めで、降雪や路面凍結のある地域では必需品です。
これは雪の降らない地域に住んでいるドライバーの方には、スタッドレスタイヤ同様に馴染みの無いものだと思います。
しかし、これは雪道や凍結路の運転ばかりでなく、ぬかるみの走行や悪路でのスタックの場合にはあると便利なカー用品のひとつです。

 タイヤにサイズがあるようにタイヤチェーンもタイヤサイズに合わせて購入する必要があり、形状や価格も様々で、沢山の種類の中から選ぶことができます。
基本的な構造は金属のチェーンを組み合わせたもので、昔のものはラダータイプといって梯子のような形のものが殆どでしたが、最近のものはネット状になっているものなどパターンも数多く、従来品に比べて滑り止め効果も格段に向上しています。

 ところで、チェーンを装着する場合には注意すべき点があります。
それは、チェーンを掛ける車輪は駆動輪でなければ効きめが無いということです。もし四輪駆動車に使用する場合には基本的な駆動軸の方に装着します。
また、チェーンの太さにも注意が必要です。
最近のクルマはタイヤとボディーの間の隙間が小さくなっています。トラックならまず問題はありませんが、乗用車で特に扁平タイヤを履いたものやローダウンしたクルマは、サスペンションとタイヤの隙間が狭くなっているのでチェーンがぶつかってしまうことがあります。

リング型チェーンについて

一般的な雪道や圧雪道路、アイスバーンなどといった路面で自動車を走行させることが必要になった場合では、寒冷地などで冬期間には必ず積雪のある地域にお住まいの方の場合では、一般的にはスタッドレスタイヤを購入することが行われています。

冬期間に入る前には必ずタイヤ交換を行うものですが、その他の地域にお住まいの方の場合では、スタッドレスタイヤを購入せずに、必要に応じてタイヤチェーンで済ませることを行うことも一般的になります。タイヤチェーンはいわゆる夏タイヤに装着することによって、雪道であっても安全に走行させることができるものになりますが、実際に販売されているチェーンの種類はいくつか存在しています。その中には樹脂製やゴム製などを併用しているものが用意されていて、路面との接触部分には金属製のピンが設置されているものがあります。

その一方で、比較的低価格で販売されているものには、金属チェーンで作られているリング型と呼ばれているものも存在しています。このタイプの場合では、運転中に振動などが大きくなる傾向にありますが、しっかりと雪道を走行させる能力を持っているものになり、特に圧雪路面では大きな効果を発揮するものとして認知されています。

亀甲型チェーンについて

雪道を走行するにはスタッドレスタイヤならチェーンがなくても運転する事が出来ますが、高速道路を走行する時にハイドロプレーニング現象で、走行不能になり事故を起こすリスクがあります。山道など急な坂道を通る時も、滑ってしまう事があります。このような時には、タイヤチェーンを取り付けます。

タイヤチェーンには金属はしご型と金属亀甲型、非金属の3つの種類があります。金属はしご型はタイヤに取り付ける時フィット感があります。

収納性が良いため、雪道を走らない時に収納する時に邪魔になりません。金属亀甲型は、雪道だけでなく凍結している道をバランスよく走行できる機能に優れた金属製のタイヤチェーンです。凍結ている道では横滑りになることも少なくありません。このタイヤチェーンは横滑りに対して高い性能があるので、横滑りを防止することが出来ます。乗り心地は金属はしご型に比べて優れ、快適に雪道を走行する事が出来ます。収納性にも優れているので、雪道や凍結した道を走らない時も邪魔にならず収納する事が出来ます。リング式になっているので、タイヤチェーン取り付けがあまり慣れてない方も、取り付けする事が出来ます。車の移動やジャッキアップも不要です。

はしご型チェーンについて

ふきのとう冬の雪道に遭遇して冷や汗をかいた経験をした方も多いと思います。特に雪国のように冬の間中、凍結道路用の装備をしていない地方に住む者にとっては年に数回あるかないかの積雪のために、専用タイヤに交換することもありません。

それでも雪道に備えて最低限準備しておきたいものがタイヤチェーンです。最近は、様々なタイプや素材のものが売られていますが、やはり一番ポピュラーなものは、金属製のものではないでしょうか。
その中でも価格も安く急場の雪道対策に常備するものとしては、はしご型といわれるものでしょう。名前の通り金属チェーンを梯子の形に組んであり、それを駆動輪にまくわけですが、数あるタイヤチェーンの中でも一番シンプルなタイプになります。

前進、後退などの直進に関しては問題ないのですが横方向の力にはグリップ力が劣ります。装着した状態を想像するとわかりますが鎖がタイヤ面を横切るように等間隔で並んでいるため振動が激しくまるでパンクしているかのような状態になります。
また、路面と鎖の接地部分多少ないため横滑りや鎖のない部分でのタイミングでのブレーキ操作で滑ってしまうため慎重な運転が必要になります。
しかし、価格が各種チェーンのものより安く、収納性がよいため緊急用の常備品としては持っておきたいチェーンです。

タイヤチェーンは目的と予算で選ぼう

車はあらゆる状況にできるだけ対応するように作られています。
しかし季節や天候によってそれが機能しないことがあります。例えば大雨などはワイパーを動かしても前が見えにくい状態になりますが、これはどうしようもなく、速度を落として注意して走行しなければなりません。

また冬場によくあるのが雪道の運転です。
これは通常の夏用のタイヤではまず動くことすらできません。毎年雪の日などに立ち往生した車で渋滞を起こしてしまうといったニュースがありますが、こういったことで起こる場合があります。
しかしいわゆる冬用のスタッドレスタイヤを取り付けていても年に数回大雪で動けなくなるといったことがあります。

このような状況になるとどうしてもタイヤチェーンが必要となります。
タイヤチェーンは速度を出すことはできませんが、このような大雪の場合でも走行できることがあります。
このようなチェーンには鉄製のものとゴム製のものがあります。
鉄製は安くほとんどの雪道に強いですが取り付けや管理が大変です、そのためチェーンは目的や予算で選びます。
いずれにしてもチェーンはやはりスピードは出すことはできませんし、下り坂などはより注意をして走行する必要があります。