チェーンのお手入れと点検も忘れずに!

タイヤチェーンは危険を回避するためのものですから、必ず安全に使える状態にしておかないといけません。この点検やメンテナンスを怠ってしまうと、運転中に大変危険な状態になってしまう可能性もあります。まず確認するポイントは磨耗していないかということです。雪道での制動力やグリップ力を高めることが目的ですので、すり減って止まらない可能性があるものは使用を中止することが大事です。もしすり減っている場合は、補修用のパーツでしっかり補修しておくことが大事です。

使用したあとのお手入れはそんなに難しいものではありません。金属部品ですので、錆が一番の大敵になりますから錆止めを使用することが一番のメンテナンスになります。一般的に入手しやすい錆止めスプレーなどを使ってお手入れをしておけばサビなどで劣化することはあまりありません。

シーズン中であれば水洗いと乾燥だけで十分です。シーズン終了後にきちんと保管をしておくために、錆止めスプレーなどをきちんと吹きかけておけば基本的に問題ありません。大事なのは雪がふりはじめる前までにきちんと点検をしておくことが一番大事になってきます。いざというときに安全なものを使用できないのでは意味がないからです。

Comments are closed.