はしご型チェーンについて

ふきのとう冬の雪道に遭遇して冷や汗をかいた経験をした方も多いと思います。特に雪国のように冬の間中、凍結道路用の装備をしていない地方に住む者にとっては年に数回あるかないかの積雪のために、専用タイヤに交換することもありません。

それでも雪道に備えて最低限準備しておきたいものがタイヤチェーンです。最近は、様々なタイプや素材のものが売られていますが、やはり一番ポピュラーなものは、金属製のものではないでしょうか。
その中でも価格も安く急場の雪道対策に常備するものとしては、はしご型といわれるものでしょう。名前の通り金属チェーンを梯子の形に組んであり、それを駆動輪にまくわけですが、数あるタイヤチェーンの中でも一番シンプルなタイプになります。

前進、後退などの直進に関しては問題ないのですが横方向の力にはグリップ力が劣ります。装着した状態を想像するとわかりますが鎖がタイヤ面を横切るように等間隔で並んでいるため振動が激しくまるでパンクしているかのような状態になります。
また、路面と鎖の接地部分多少ないため横滑りや鎖のない部分でのタイミングでのブレーキ操作で滑ってしまうため慎重な運転が必要になります。
しかし、価格が各種チェーンのものより安く、収納性がよいため緊急用の常備品としては持っておきたいチェーンです。

Comments are closed.