リング型チェーンについて

一般的な雪道や圧雪道路、アイスバーンなどといった路面で自動車を走行させることが必要になった場合では、寒冷地などで冬期間には必ず積雪のある地域にお住まいの方の場合では、一般的にはスタッドレスタイヤを購入することが行われています。

冬期間に入る前には必ずタイヤ交換を行うものですが、その他の地域にお住まいの方の場合では、スタッドレスタイヤを購入せずに、必要に応じてタイヤチェーンで済ませることを行うことも一般的になります。タイヤチェーンはいわゆる夏タイヤに装着することによって、雪道であっても安全に走行させることができるものになりますが、実際に販売されているチェーンの種類はいくつか存在しています。その中には樹脂製やゴム製などを併用しているものが用意されていて、路面との接触部分には金属製のピンが設置されているものがあります。

その一方で、比較的低価格で販売されているものには、金属チェーンで作られているリング型と呼ばれているものも存在しています。このタイプの場合では、運転中に振動などが大きくなる傾向にありますが、しっかりと雪道を走行させる能力を持っているものになり、特に圧雪路面では大きな効果を発揮するものとして認知されています。

Comments are closed.