タイヤチェーンをかけるタイヤにも要注意!

車の運転はいろいろな状況でも安全に行わなければなりません。
それは天候が悪いときはなおさら気をつけなければならなくなります。
夏場などは突然の大雨などもあり、冬場は大雪が降るようなコンディションの日もあります。
特に冬場の雪道はスリップするために注意しなければなりません。
基本的に夏用のタイヤでは雪道を走行することはできません。
冬場はスタッドレスに交換するなどして対応する必要があります。しかし大雪の場合や圧雪されているようなコンディションではスタッドレスでもお走行することはできなくなります。

このようなときに威力を発揮するのがタイヤチェーンです。まずチェーンには大きさがあります。タイヤのサイズにあったものを準備しておく必要があります。
取り付けるタイミングは少し難しいですが、雪がない状態でチェーンをつけてもスピードを出すことができず渋滞してしまうことにもなります。

しかし雪が積もってしまってからではスリップしてしまうことがあります。道路情報などで判断するのも方法です。
チェーンは駆動輪に取り付けます。FF車なら前輪です。
チェーンは取り付けたら一度少し走行してから停車し緩みを再確認して、きっちりと取り付けて走行する必要があります。

Comments are closed.